新型コロナウイルスによる     感染予防対策

当院では新型コロナウイルス対策として以下のことに取り組んでおります。

院内感染予防として、ふだんから行っている取り組み             1 マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)の着用。               2 グローブの患者さまごとの交換。                     3 患者さま用のエプロン、コップは使い捨てにし、患者さまごとに      廃棄。     4 診察台や操作パネル等の消毒液による清拭。                5 スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。                   6 診察室内での医療用空気清浄機の稼働。                  7 水消毒(オゾン水)システムによる、治療で使用する水の除菌。       8 玄関、待合室への消毒液の設置                      (患者様への手指消毒をお願いしております)。                     新型コロナウイルス対策として行っている取り組み              9 待合室、診療室の次亜塩素酸水による噴霧器による除菌・洗浄。          10ドアノブや取って、手すりの消毒液による清拭。             11定期的に換気。                           12毎回、すべての患者様に検温をご協力頂きます。

新型コロナだから・・・ということではなく、松原デンタルクリニックでは院内感染予防に普段より取り組んでおります。

 

 

 

院内感染の予防を徹底しています!

私たちの歯科医院では、滅菌器のオートクレーブはもちろん、殺菌力の優れたお水『オゾン水』を院内すべてに使用しています。原料は『水』『酸素』だけ。  使用後は分解して元の水と酸素に戻るので、残留性もなく環境汚染の心配もありません。その他歯を削るときに機械(タービン)から出る水・歯のクリーニング(歯石除去)をする機械から出る水・治療中うがいをする時に出る水・スタッフが手を消毒する水、全般的に使用しておりますので、患者の皆様には安心して治療を受けて頂くことができます。

祝!寿退職?

 

お疲れ

この度、開業当初から共にがんばってきたスタッフが、

結婚を機に退職することとなりました。おめでとう~~?

本当にがんばりやさんで、私たちが彼女の笑顔にどれだけ

癒されたことか。。

感謝しかありません。本当にお疲れさまです。

そして、ありがとうございました。

ただ今、院内がHappyなムード一色です。??

末永くお幸せに。

 

 

 

 

松原デンタルクリニックの義歯(入れ歯)の特徴

[咬み合わせが違う]

咬んだときに、歯根(歯の根っこ)の方向に力がまっすぐ加わるように咬み合わせを調整します。

[歯の大きさが違う]

入れ歯になるとなぜか歯が小さくなってしまいます。

そこで、歯があった時のような大き目の人工歯を使用してい

ます。

[歯の並べ方が違う]

ピンクの床(土手)に歯を並べていくのですが、その並べ方

や歯の角度(傾斜)など独自の方法を使用しています。

[調整方法が違う]

入れ歯の咬み合わせの調整で痛みをとります。

内面を削ることはほとんどありません。

(特別な場合は別です)

咬み合わせ講習会に参加しました

7月9日(土)10日(日)咬み合わせ講習会に参加のため

東京に行って参りました。

9日は午後から休診させて頂き、ご迷惑をお掛けしました。

今回の講習会では、『整体と歯の咬み合わせとの関係の重要

性』を勉強してきました。

咬み合わせの『ずれ』が原因で体の『ひずみ』をひき起こし

ます。

体の『ひずみ』を治して、咬み合わせを正しい位置に戻すと

免疫力も向上します。

体と口は連動しているんですよ。

 

インプラント研修会

はじめまして。院長の松原です。

昨日、インプラント研修会に参加のため東京に行って

参りました。

私が所属しているスタディグループは

総合インプラント研究センター(GIRC)と言い、

口腔インプラント学会から認定を受けている

研修施設で発足してからかれこれ27年が経ちます。

今回の研修会の内容は『インプラントの疲労破壊』です。

長い間、同じ個所に過度に力が加わり続けると

チタンでできているインプラント体でさえも

割れてしまいます。

噛み合わせとインプラントの埋入角度の関係性、大切さを

学んだ講演でした。

“インプラント研修会” の続きを読む