加齢による歯の黄ばみ

歯の構造は真ん中に神経があり、周りを象牙質が覆い,その外側にエナメル質があります。歯のエナメル質は半透明で中の象牙質は黄色っぽい色をしています。歯が真っ白でなく黄色みを帯びているのは象牙質の色が透けています。歯の象牙質で歯の色が決まるのです。(エナメル質の厚さや透明度、象牙質の色は個人差によって異なります)

『加齢による黄ばみの原因』                             歳を重ねることで、エナメル質と覆われている象牙質が変化します。エナメル質は研磨剤が含まれている歯磨き粉で毎回ゴシゴシと間違った歯磨きをしていると削れて薄くなります。象牙質は元々白に近いクリーム色をしていますが新陳代謝を繰り返すことで色がだんだん濃くなります。つまりエナメル質が薄くなり、年月を経て色が濃くなった象牙質が透けて見えることが黄ばみの原因の一つです。

もう一つは飲食物の成分による着色です。赤ワインやコーヒー、お茶等に含まれる色素が表面だけではなく、エナメル質の中にまで入り込み蓄積された汚れも黄ばみの原因の一つです。

いかに正しい歯の磨き方が大切かということですね。市販の歯磨き粉には研磨剤がほとんど含まれています。歯科医院で相談なさって下さい。歯ブラシも固めの毛先は禁忌です。正しいブラッシングでいつまでも健康な歯でいらして下さい。

歯磨きのポイント

歯磨きの一番の目的は、歯に付いたネバネバ→プラーク(歯垢)を落とすことです。プラークは生きた細菌の塊です。このプラークが虫歯・歯周病の原因なのです。歯と同じ色をしているので注意して見ておかないと磨き残してしまいます。                   ネバネバプラークは粘着性があるので水に溶けにくく、うがいでは取り除けませんが歯磨きでは取り除くことができます。                   では、プラークはどこにつきやすいのでしょうか?              「歯と歯の間」・「歯と歯肉の境目」・「噛み合わせの面」です。        磨くときのポイントは                           ①「毛先の当て方」②「力加減」③「動かし方」です。            ①毛先は歯の面、境目にあてましょう。②力加減は200g位です。③動かし方ははブラシの当たった歯1~2本位を目安に小刻みに20回ほど動かしましょう。

正しい歯磨き方法を繰り返し練習し、身につけていくことが大切です。

生活習慣病と歯周病の関係

近年生活習慣病が急増しています。                     特に問題なのが「メタボリックシンドローム」です。脂質や糖質の多い食生活、運動不足といった生活を続けていると、徐々に内臓に脂肪がたまります。過剰となった内臓脂肪から炎症性物質などが放出され、その結果インスリンの効きが悪くなり血糖値が下がりにくくなります。そうなると、血管の状態が悪くなり動脈硬化の危険因子となる糖尿病・脂質異常症・高血圧などをひきおこします。歯を支える骨を溶かす歯周病も生活習慣病の一種です。出血や膿をだしているような歯周ポケットからは炎症に関連した物質が、血管を経由して全身に放出されます。この炎症物質がインスリンが行う血糖値を下げる作業を邪魔するのです。                            生活習慣病から歯周病へ。歯周病から生活習慣病へ。関係がないように思われるかもしれませんが実は関連があるのです。毎日の歯磨きはもちろんの事ですが、体と同じで歯も定期的に検診(歯垢の除去・クリーニングなど)を行うよう心がけて下さい。

梅雨時の体の不調

ジメジメした梅雨の時期は、とかく体調を崩す方が多く            でてきます。それは、気圧の変化が大きく、雨の日も多くなる為自立神経が乱れるからです。

自律神経とは体を興奮状態にさせる交感神経とリラックスさせる副交感神経の二つに分かれます。このバランスが崩れると免疫力が低下し、身体の調整や制御が利きづらくなり、いろいろな症状がひきおこされます。              代表的なものは、疲労感や頭痛、睡眠異常・筋肉の凝り、関節の痛みなどです。 まさしく歯にも関わりが大きいので、歯周病が悪化すると言われています。

いつもより注意して歯磨きに時間をかけて下さい!

「歯並び」と「噛み合わせ」の違い

皆さんは                                『歯並び』と『噛み合わせ』同じものだと思われていませんか?

歯並びが良ければ噛み合わせも良いのでしょうか?それは全く違います。    綺麗な歯の並びをされているのだけど、奥歯でしっかり咬めていない。矯正はしたけど、なんだか咬みにくい。このようなお悩みの患者さんも多くいらっしゃると思います。

「歯並び」とは・・・歯の並びぐあい                    「噛み合わせ」とは・・・上下歯の接触のことを言います。          この噛み合わせが悪いと様々な悪影響を及ぼすと言われています。

顎関節症顎が痛い・口が開きにくい・顎から音がする             詰め物がはずれやすい強い咬合や歯ぎしりなどにより過度の力が加わり、                      虫歯でもないのに治療した歯の詰め物が外れたり割れたりする。                 頭痛・肩こり筋肉が緊張しておこる頭痛や肩こり、倦怠感。          入れ歯が合わない何度調整しても痛みがある、うまく咬めない。 など

松原デンタルクリニックでは「噛み合わせ」から考える医療をご提案します。

 

 

 

歯科アマルガムが体に及ぼす影響

皆さんのお口の中に黒ずんだ金属の詰め物がある場合、歯科アマルガムの可能性があります。この歯科アマルガムが原因で体調不良に悩まされている方がいます。除去することで、改善した症例が報告されています。

そもそも、歯科アマルガムとは何でしょう。

その昔、1世紀にわたって歯の治療に使われていた金属です。扱いやすい・安価であると昔は重宝されてきました。しかし、『水銀』が入っているため、その水銀が食べ物を食べるときの摩擦熱で蒸発したり、長い間に劣化し、腐食した水銀の蒸気が体内に取り込まれたり、結果、体に吸収されさまざまな症状を引き起こします。

【症状の例】めまいや耳鳴り・金属アレルギー・皮膚炎・頭痛・肩こり・不安感など

アマルガムを除去することは可能です。ぜひ、ご相談下さい。

 

花粉症で鼻が詰まる。こんな時こそ歯のクリーニングを!

阪急武庫之荘駅の線路近くの桜は少し散り始めましたが、造幣局の桜は今が満開です。今週から気温も上がり、やっと春たけなわ。花の香りあふれる季節となりました。

でも、喜んでばかりはいられません。花粉症の方にはつらい毎日だと思います。 花粉症の方は、鼻が詰まるため『口呼吸』となりお口の中の水分が蒸発しお口が渇いてしまいます。又、花粉症のお薬の中には唾液の分泌も抑えてしまうものもあるのです。

お口が乾燥すると唾液による洗浄が悪くなり、汚れが歯の周りに付きやすくなります。そんな状態で十分な歯磨きができていないと歯石になったり、ばい菌が繁殖してしまいます。

『歯医者さんに行くのは、花粉症の季節が終わってからにしよう・・・』

と、思われている方。こんな時こそ、ぜひ歯のメンテナンス(クリーニング)にいらしてください。

 

唾液のチカラ!

唾液にはさまざまな優れた作用があります。                    口腔内の細菌を抑制する・虫歯や歯周病そして口臭などの           トラブルから私たちを守ってくれます。                   ●歯や歯の間に付いた食べかすを洗い流す。                                                     ●抗菌作用で口の中の風邪などの細菌の増殖を抑制する。            ●食後、酸性に傾いた口内を中和させ虫歯を予防する             (歯を修復する)。                               ●食べ物の味を出す物質を溶け込ませ、味覚を感じさせます。             ●酵素アミラーゼがデンプンを分解し、消化を助けます。            ●修復作用があるため口内の粘膜を保護する。                 ●傷を治りやすくする。                           ●潤滑剤の役割があるため、発音円滑にしたりスムーズに           食べ物を飲み込めます。

唾液は咀嚼によって促されます。しっかり噛むことが健康への第一歩です。        咬み合わせのチェックも行なっておりますので、ご相談下さい。