熱中症

毎日、厳しい暑さが続いていますがいかがおすごしですか?暑い日が続くようになると、必ず目にするのが『熱中症』という言葉です。人間の体温は平均で36.9℃と言われています。この体温は身体の中で熱をおこすことによって生まれます。外の気温がある程度低いと、身体から出た余分な熱は周りの空気に溶けていきます。しかし、外の気温が体温と同じくらいもしくは、体温より高くなると、身体から余分な熱を出すことができなくなります。出せなくった余分な熱が身体の中にたまって体温を上げてしまいます。これが熱中症なのです。発症時期は梅雨明け後の7月中旬から8月上旬がもっとも多く、時刻は12時および15時前後と言われています。

【症状】は、めまい・たちくらみ・生あくび・口が渇く・筋肉痛・けいれん・吐き気、嘔吐・高体温などです。

【予防】は『水分をこまめにとりましょう』喉が渇いていなくてもこまめに水分をとりましょう。スポーツドリンクなどは水分の吸収がスムーズにできます。『気温と湿度を気にする』自分のいる環境の気温だけではなく湿度も気にしましょう。日差しをさえぎる、風通しをよくするなど工夫を心がけましょう。『ぐっすり睡眠をとりましょう』エアコンや扇風機を適度に使い通気性のよい寝具やゆったりした服装などでぐっすり眠りましょう。『バランスのよい食事をこころがけましょう』バランスの良い食事で熱中症にかかりにくい丈夫な体をつくりましょう。

暑さはこれからが本番です。時節柄皆さまご自愛下さい。