妊娠中の歯の治療について

妊娠中は、つわりがあることで歯みがきがしっかりと

行えない・女性ホルモンの増加により唾液の性状が変わる

など、口の中は虫歯になりやすい状態になっています。

歯みがき粉の匂いが駄目なときは無理せずハブラシ

だけで丁寧に磨くことを心がけてください。

治療受ける場合は、安定期にあたる妊娠5ヶ月から

7ヶ月を選びましょう。

治療の際に局所麻酔を使う場合もありますが、

これは無痛分娩の際などに使用する麻酔と同じもので

母体に影響はないとされています。

不安であれば、産科の先生に相談してください。

 

 

外出先での歯磨き!

外出先での歯磨き、どうしていますか?

歯磨きできる広いトイレがあればいいのですが、待っている

人がいれば長居することもできません。

一番手軽な方法は、食事中に飲んでいる飲んでいる水を

口内に行き渡らせるだけでも虫歯の予防にはなりますが、

洗口液ですすいで頂くとより効果的だと思います。

ドクターウォッシュ

この「ドクターウォッシュ」はカテキンの作用により、

歯周病や口臭の原因となる口腔内細菌・たんぱく質を固めて

口腔内を洗浄します。

持ち運び便利な50mlが発売されました。

ぜひ、お試しください。